第27回 日本臨床補助人工心臓研究会学術集会


 

 初夏の候、皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。2021 年 11月 24 日、第 27 回日本臨床補助人工心臓研究会学術集会が開催されます。本年も昨年に引き続き、シンポジウム・一般口演を行うことにいたしましたのでご連絡申し上げます。積極的なご参加をお待ち申し上げております。

1. 開催概要


大会名:       第 27 回日本臨床補助人工心臓研究会学術集会

 

当番幹事:      新浪 博士 (東京女子医科大学 心臓血管外科)

 

会 期:       2021 年 11 月 25 日(木)12:00~15:00

 

会 場:       ヒルトン東京ベイ

        〒279-0031 千葉県浦安市舞浜 1-8

 

参加費:              3,000 円

 

プログラム:      ・日本補助人工心臓レジストリー報告

                             ・一般口演(医師)、一般口演(コメディカル)

                             ・シンポジウム「New Normal 時代の補助人工心臓治療」

 

<事前登録サイト>
サイトURL: https://scholarsmeeting.jp/meeting/109/


2. 当番世話人ご挨拶


 このたび、 第 27 回日本臨床補助人工心臓研究会の当番幹事を拝命し、2021 年 11 月 25

日(木曜日)に、ヒルトン東京ベイにて開催させていただくこととなりました。補助人工

心臓治療に携わる多くの医療従事者の方々からご支援を賜り、本会を開催させていただく

とは大変光栄なことであり、深く感謝申し上げます。

 

 59 回日本人工臓器学会大会長 松宮護郎先生のご高配により、人工臓器学会第1日目に

本研究会を開催させていただきます。

補助人工心臓治療の現状は、移植待機期間の延長に伴い、植込型補助人工心臓実施施設の増加

と、植込型補助人工心臓管理認定施設、また多数の植込型補助人工心臓管理医の増加などがみ

られます。本年より Destination Therapy (DT)が保険診療となりました。

 

 また COVID-19 の感染拡大に伴い、補助人工心臓治療への影響も決して過小評価する事はで

きません。DT 導入等、補助人工心臓治療が多様化する中、COVID-19 の感染拡大下での、補助

人工心臓治療の新たな取組みや、工夫、今後の方向性等の議論が必要であります。また今後、

COVID-19 の感染収束後の補助人工心臓治療が標準的な治療となり得るための新たなチーム医

療や地域医療とのネットワーク等を確立・機能していく必要があると考えられます。そこで、

今回のシンポジウのテーマを New Normal 時代の補助人工心臓治療としたいと考えます。有意

義な議論となりますよう皆様の御協力を何卒よろしくお願いいたします。

 

一般演題に関しては、例年通り体外設置型,植込型を問わず補助人工心臓治療全般について

の演題を幅広く公募いたします。補助人工心臓治療に携わる多くの方々にご参加いただき、研

究の成果を発表していただきいと存じます。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

新浪 博士

当番世話人

東京女子医科大学 心臓血管外科学 教授

 


3. 幹事会・世話人会のご案内


日本臨床補助人工心臓研究会幹事会・世話人会を開催致します。

世話人の皆様におかれましてはご多用中恐縮ですが、ご参集くださいますようお願い申し上げます。

 

日時: 2021 年 11 月 25 日(木)11:00~12:00
場所: ヒルトン東京ベイ内会議室

4. 演題募集


1) シンポジウム 『New Normal 時代の補助人工心臓治療』(一部指定)

 

COVID-19 の感染拡大に伴い、補助人工心臓治療への影響が様々な形で認められていま す。本年より導入された DT 治療、Impella 使用の増加等、補助人工心臓治療が多様化する 中、COVID-19 の感染拡大下での、補助人工心臓治療の新たな取組みや、工夫、等について医 師のみならず、この治療に関わる全ての医療者による議論が必要あります。 また今後、COVID-19 の感染収束後の補助人工心臓治療が標準的な治療となり得るため安全、 安心なチーム医療や地域医療とのネットワーク等を確立・機能していく必要があります。 有意義な議論となりますよう演題応募を何卒よろしくお願いいたします。

 

 

 

2)一般演題

 

体外式・植込型を問わず補助人工心臓治療の演題を幅広く公募いたします。

 

 

 

<応募方法> 

提出される原稿の形式は Microsoft Office Word 文書ファイル形式に限ります。

原稿は 1200 字以内(図表は1点 200 字)とし、下記に示す要領で作成願います。 E メールの添

付文書として、下記の事務担当に送付してください。(添付忘れにご注意ください)。

※シンポジウム、一般演題の別をメール本文にお書き添えください。

 

<作成要領>

用紙サイズは A4 としてください。

余白は必ず、上下 25mm、左右 20mm としてください。

演題名(タイトル)は、12 ポイント(ゴシック体)で「中央揃え」としてください。

次に 1 行あけて、発表者氏名(所属名)を、9 ポイント(ゴシック体)で記入します。

発表者名の後(複 数の場合はその後)に、( )をつけて、その中に所属を記入してください。なお当 日の発表者の氏名の前には必ず○をつけてください。

本文はその後、さらに 1 行あけてから記載してください。9 ポイント(明朝体)を原則としますが、見 出しなどは、なるべくゴシック体を使ってください。

本文 1 行の文字数や行間などは指定しませんが、あまり見にくくならないようにお願いします。ま た、図表などは、本文に貼り付ける形で編集してください。

余白の規定を必ず守り、あまり行間を詰めないようにお願いします。なお Mac パソコンの文書 (Windows で開くことができる文書を除く)は、事務局では対応できませんので受け付けられません。ご了承ください。

 

 

<送付先> 

第 27 回日本臨床補助人工心臓研究会 事務局

東京女子医科大学心臓血管外科

齋藤 聡

E-mail: vadken.au@twmu.ac.jp

 

 

<演題募集> 

2021 年 8 月 2 日(月)~ 9 月 30 日(木)

 

 

 

 


5. 会場アクセス

 

 ヒルトン東京ベイ   https://tokyobay.hiltonjapan.co.jp/access/

 

 


6. お問い合せ 

東京女子医科大学 心臓血管外科 教授

新浪 博士

〒162-8666 東 京 都 新 宿 区 河 田 町 8 番 1 号

電話: 03-3353―8111 (Ext 23101)、Fax: 03-5269-7432

Email :   vadken.au@twmu.ac.jp